コピー機をリースで購入するメリットを徹底解説!

コスパが良いプリンター

3Dプロッタ

自由度が高く期待に答える

3dプリンターは近年注目度が高まっています。OAリース機器として会社に導入することで、仕事の効率化が図れるのです。例えば、試作品などを作成する上で3dプリンターを使用することによって、商品を立体的にみることが出来ます。それにより、イメージがしやすくなるため、時間や手間が省けるのです。また、作成にかかる費用も抑えられるため、コストダウンにも役立ちます。安い3dプリンターでも10万円からかかります。しかし、100万円のプリンターを選んでも大きいパーツが作れるか、出力スピードが早いかくらいのメリットしかないのが現状です。小さなパーツを作るためであれば個人でも購入がおすすめされている段階です。パーツの大きさに制限があっても利用したいと考えている人は多いです。そのため、ビジネスで導入する時には10万円から30万円ほどの3dプリンターを選ぶのがおすすめです。カートリッジや樹脂はまとめて購入すると1万円から3万円程度で追加購入できます。しかし、モデル生成後にしっかり固くなる樹脂を選ぶのがおすすめです。簡単に破損するような樹脂では評価が下がるため、多少高くが高い樹脂でも壊れにくく、加工しやすいものがおすすめです。3dプリンターは平面印刷に比べれば自由度が高いです。しかし、印刷時間が長く、立体で表示されるという特性上、糊付け部位のようなものも考えながら印刷することになります。導入しやすく使いやすいもので、メンテナンスや樹脂の追加購入がし易い物を選ぶと良いです。