コピー機をリースで購入するメリットを徹底解説!

女性

ビジネスならではの特徴

コピー機のリース契約を行う最大のメリットは手間がかからないと言う点にあります。リース契約によって、消耗品の用意から修理に至るまで一貫して行なってくれるので利用者側に手間がかかる事がありません。その為、コピー機のリース選びは本体を選ぶだけで無く、保守体制もしっかりとチェックする事が大切です。

メンズ

製図をコンピューターで

cadはコンピューター上で製図を行うためのソフトウェアで現在の製図活動のほとんどはcadによって行われています。cadを導入する際にはその性能のほか利便性や作ったデータの汎用性などが選ぶ際のポイントになります。

機器の選び方のコツ

操作する人

コストを考えて選ぼう

会社のコピー機はリースですか、それとも買ったものでしょうか。会社にコピー機を導入する際、機器そのものを購入するか、それともリースにするか悩みますよね。どちらにもメリットはありますが、だんだんとコピー機をリースで導入する会社が増えています。というのも、業務効率を考えた際、コピー機は5年程度で買い替えるのがいいとされています。もちろん、機器を買い替えるとなるとまとまったお金が動きますので、資金繰りなどが理由で5年で買い替えをすることはできないという企業も多いです。そんなときリースで契約していれば、月々支払いなのでまとまった大金を動かす必要がなく、機器の入れ替えが容易です。また、コピー機をリースで導入すれば、毎月決まったリース料金なのでランニングコストが把握しやすいというメリットもあります。コピー機の所有権もリース会社にあるので、減価償却の手続きや固定資産税などを支払う必要もありません。そのほか、リースの場合、機器の初期導入費用がかからず、資金運用がしやすいというメリットもあります。ただ、コピー機のリースで注意してほしいところは、途中解約ができないという点です。数年先まで利用する予定がない場合はおすすめできません。そのため、利用する前に使用する目的を明確にし、きちんと確認しておくようにしましょう。選ぶときもメリットなどを把握した上で、よりいいと感じた方を選ぶとよいです。

3Dプロッタ

コスパが良いプリンター

3dプリンターをOAリース機器として導入する場合は、10万円から30万円の端末と加工しやすく自由度の高い樹脂素材を合わせるのがおすすめです。樹脂の追加は1万円から3万円程度で可能で、立体プリントできるだけでも十分応用ができます。